ホーム - 東京 九段 耀 画廊

News

■ 18.3.28

「トピックス」を更新しました。「『視覚で詠む百人一首』の原画即売会(前期)」>>>こちら 

 

■ 18.3.28

「トピックス」を更新しました。「浅春の賦」>>>こちら 

 

■ 18.1.04

「トピックス」を更新しました。「2018年の新春を寿ぐ」>>>こちら 

 

■ 17.12.31

「トピックス」を更新しました。「2017年を振り返って」>>>こちら 

 

■ 17.10.14

「今後の展示案内」の11月展(後半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

 ■ 17.9.20

「今後の展示案内」の10月展(後半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

■ 17.9.20

「今後の展示案内」の10月展(前半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

 ■ 17.9.20

「今後の展示案内」の9月展(後半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

■ 17.9.20

「トピックス」を更新しました。「再興第102回 院展 終了のお知らせ」>>>こちら 

 

■ 17.3.21

「取扱い作家」を更新しました。>>>こちら 

 

■ 17.2.27

「今後の展示案内」の4月展(前半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

 ■ 17.2.27

「今後の展示案内」の3月展(前半)出品作家を更新しました。>>>こちら 

 

 ■ 17.2.27

「画廊便り」を更新しました。>>>こちら 

 

 ■ 17.1.5

「トピックス」を更新しました。「新年のご挨拶」>>>こちら 

 

■ 16.12.27

「トピックス」を更新しました。「2016年を振り返り」>>>こちら

 

 ■ 16.11.5

「今後の展示案内」の12月展出品作家を更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.10.19

画廊便りを更新しました。>>>こちら 

 

■ 16.9.30

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.9.23

「今後の展示案内」の11月展出品作家を更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.7.20


「トピックス」を更新しました。「耀画廊移転一周年記念特別展」>>>こちら

 

 ■ 16.7.20

「今後の展示案内」を更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.6.24


「トピックス」を更新しました。「大沢拓也氏の作品 グランド・プリンス新高輪ホテルに展示」>>>こちら

  

 ■ 16.5.31

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 16.5.9

今後の展示案内を更新しました。>>>こちら

 

■ 16.4.11

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 16.4.9

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 16.3.7

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.12.16

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.12.1

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.11.2

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.10.5

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.9.1

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.6.29

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.5.7

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.5.7

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.4.8

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.2.26

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.11.1

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.9.22

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.8.2

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.7.31

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

次回展示のお知らせ

2019年

12月

08日

12月展(前半)

「冬物語」展Vol.5―金澤の彩―(企画者・山口幸雄)

耀画廊恒例のグループ展(まほろば、春の讃歌、真夏の美の夢、秋の讃歌、冬物語)は、今後若き作家の視点で企画立案されます。

今回の冬物語展がその最初であり、金沢美術工芸大学の学生中心による展示となります。

企画者によりますと、「金沢の沢を旧字体の「澤」の字を使う意図は、市内では使う機会が最近増えており、

澤の字には四つの幸せ(食、町、ひと、文化)という意味に通じ、親しみを感じるからです。

この展示もこの澤のように、多くの鑑賞者に幸を届けられるような企画にしたいという願いを込め、このタイトルにいたしました」とのことです。

ご高覧下さいませ。
耀画廊主 富田光明

 

出品作家
本田貴哉・院卒(日本画作家)、戸田伸英・院生(日本画)、嘉数翔・院生(工芸)、工藤彩・院生(日本画)、

山口幸雄・院生(彫刻)、大霜貴由・学部4年(日本画)、澤村真穂・学部4年(日本画)、野中一陽・学部4年(日本画)、

川田芙有・学部3年(日本画)、森花・学部3年(日本画)、堤千春・学部2年(油画)
山本一輝・京都造形大卒(日本画作家)

2019年11月30日(土)〜12月8日(日)
12:00〜19:00(最終日 〜17:00) ※会期中無休


0 コメント

2019年

12月

08日

12月展(後半)

近藤守個展

作家・近藤守氏はBSフジのブレーク前夜(2019. 8.20)で、自分の絵画制作について語った。

風景と風景とを重ね描くことによって、そこにはいままで気がつかなかったノスタルジアを感じるのである。

私も彼の絵と対峙示していると、置き忘れていた時間と空間が甦ることに気がつく不思議な体験をする。

耀画廊主 富田光明

2019年12月14日(土)〜12月22日(日)

12:00〜19:00(最終日 〜17:00) ※会期中無休


0 コメント

2019年

12月

08日

2020年1月展(前半)

濵田千晴・脇野あや  “ 彼処 ” 展

2020年1月4日(土)〜12日(日)
12:00〜19:00(最終日 〜17:00) ※会期中無休


0 コメント

至福の一刻(ひととき)を耀画廊の芸術空間で

味わってみては、如何でしょうか?

 

扉のノブ(林檎 りんご のブロンズー藤曲隆哉作)にそっと手をかけ、

静かに足を踏み入れますと、耀画廊創設(2012年9月)当初から

多くの人々から愛された椅子(大沢拓也作)が、

皆様を快くお迎えいたします。

 

 ゆるやかに流れゆく とき に身を委ね、

心ゆくまで芸術作品を堪能していただけましたら、幸いと存じます。

ご来廊をお待ち申し上げます。 

 

東京九段耀画廊主 富田光明 作新学院大学 名誉教授

 

〈当画廊で展示ご希望の方へ〉
東京九段耀画廊は、快適な芸術空間を提供いたします。
作品を展示ご希望の方は、お気軽に当画廊にご相談ください。
お待ちしております。
尚、若手作家育成の制度がありますので、ご利用ください。

* * *

 

耀画廊は2015年9月 九段から三番町に移転いたしました。

画廊名は変更いたしません。

新画廊は旧画廊から徒歩5分の大妻女子大学講堂の近くです。


周辺の景観


東京近代工芸館

千鳥ヶ淵


トップに戻る パソコン版で表示