News

■ 21.7.25

「作品取り扱い作家」に堤岳彦が加わりました>>>こちら 

 

■ 21.2.15

トピックスを更新しました>>>こちら 

 

■ 20.9.26

「作品取り扱い作家ページ」を公開しました>>>こちら 

  ●ご用命の方は当画廊までご一報くださいませ。また、受注制作も承ります。

 

次回展示のお知らせ

今回、お客様の健康・安全と感染拡大防止のために、特別措置をとらせていただきます。

1.展示会場の様子・作家・作品を動画でご紹介します。
2.展示全作品をHPに掲載。

2021年

11月

22日

2021年12月展(前半)

「冬物語展」Vol.7 ―京都芸術大学日本画を中心に―(企画者・高田久惠)

期間中は「開催中展示会の作品」ページにて全作品をご覧いただけます

今回の展示は京都芸術大学日本画が中心となり、大学院修了後作家として活躍を始めた方、

まだ学部生・院生で将来作家を夢見て頑張っている、様々な人々の作品で飾られます。

『冬物語展』の展示名から、出品作品の一枚は冬がテーマで、もう一枚は自由テーマ―にしました。

因みに本展は『耀画廊選抜展』(毎年9月)の出品作家資格対象展示に該当いたします。

耀画廊主 富田光明

 

出品作家

京都芸術大学日本画関係作家:奥野久美子、川瀬美帆、小林楓歌、車 媛媛、車 林林、

永田桃花、中嶋純花、原田ひかる、松下みどり、高田咲惠、高田久惠

画廊推薦作家:新堀菜生(多摩美術大学・日本画在籍)

(五十音順)

2021年12月6日(月)~12日(日) 

12:00〜19:00 (最終日 〜17:00) ※会期中無休

 

2021年

11月

21日

2021年12月展(後半)

『記憶の邂逅』―四人展―

人にはそれぞれ心の深層に記憶を辿る,手がかりのような不可思議なものが潜んでいる。

その記憶の原点のようなものと、人はふと出会うときがある。

この展示では作家たち各々が邂逅した記憶を辿りながら、

その記憶の原画を絵筆で表出しようとしているのではないでしょうか? 

好奇心を駆り立てる展示となりそうです。

耀画廊主 富田光明

出品作家

本田貴哉、水島篤、桜井旭、ししよしよし 

2021年12月17日(金)〜23日(木)

12:00〜19:00(最終日 〜17:00) ※会期中無休


至福の一刻(ひととき)を耀画廊の芸術空間で

味わってみては、如何でしょうか?

 

扉のノブ(林檎 りんご のブロンズー藤曲隆哉作)にそっと手をかけ、

静かに足を踏み入れますと、耀画廊創設(2012年9月)当初から

多くの人々から愛された椅子(大沢拓也作)が、

皆様を快くお迎えいたします。

 

 ゆるやかに流れゆく とき に身を委ね、

心ゆくまで芸術作品を堪能していただけましたら、幸いと存じます。

ご来廊をお待ち申し上げます。 

 

東京九段耀画廊主 富田光明 作新学院大学 名誉教授

 

〈当画廊で展示ご希望の方へ〉
東京九段耀画廊は、快適な芸術空間を提供いたします。
作品を展示ご希望の方は、お気軽に当画廊にご相談ください。
お待ちしております。
尚、若手作家育成の制度がありますので、ご利用ください。

* * *

 

耀画廊は2015年9月 九段から三番町に移転いたしました。

画廊名は変更いたしません。

新画廊は旧画廊から徒歩5分の大妻女子大学講堂の近くです。

 

住所:〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1-105 

(朝日三番町プラザ1F) 


周辺の景観


東京近代工芸館

千鳥ヶ淵