News

 ■ 16.9.23

「今後の展示案内」の11月展出品作家を更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.7.20


「トピックス」を更新しました。「耀画廊移転一周年記念特別展」>>>こちら

 

 ■ 16.7.20

「今後の展示案内」を更新しました。>>>こちら

 

 ■ 16.6.24


「トピックス」を更新しました。「大沢拓也氏の作品 グランド・プリンス新高輪ホテルに展示」>>>こちら

  

 ■ 16.5.31

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 16.5.9

今後の展示案内を更新しました。>>>こちら

 

■ 16.4.11

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 16.4.9

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 16.3.7

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.12.16

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.12.1

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.11.2

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.10.5

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.9.1

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.6.29

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.5.7

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.5.7

取扱い作家を更新しました。>>>こちら

 

■ 15.4.8

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 15.2.26

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.11.1

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.9.22

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.8.2

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

■ 14.7.31

画廊便りを更新しました。>>>こちら

 

次回展示のお知らせ

2016年

9月

17日

9月展(後半)

「犀」ー金沢美術工芸大学有志展ー

 9月後半(9.17~27.)に「犀」の展示が始まります。

金沢美術工芸大学有志によるもので、今年が創立70年目とのことです。

出品者は学部生・大学院生達であり、分野も彫刻・工芸・日本画・油彩画といった多岐にわたる作品群が集まります。

展示名である「犀」の熟語「犀利」には、鋭い才知による感覚を働かせるとの意味があり(出品者の一人の言)、

これこそが彼らの制作姿勢であるのでしょう。耀画廊にまた新たなグループが加わり展示が楽しみです。

金沢には金沢の文化あり。ご来廊下さいませ。

2016年9月17(土)~27日(火)

12:00〜19:00(最終日~17:00)  

※月曜休廊(19日は営業、20日は振替え休廊)

〈出品作家〉

伊藤呼春(彫刻)、鵜飼康平(工芸)、菊池美咲(油彩画)、

須賀広大(工芸)、戸田伸英(日本画)、山口幸雄(彫刻)

(敬称略・五十音順) 


2016年

9月

16日

10月展

10月特別展示【耀画廊移転1周年記念特別展】

2016年10月1(土)~12日(水)12:00〜19:00 (初日・最終日 〜17:00)

※月曜休廊(10日は営業、11日は振替え休廊)

〈出品作家〉

荒井経先生(賛助出品)、久下有貴、新谷有紀、宋知恩、文眞英、松原亜実、向井大祐、善恵

(敬称略・五十音順) 


至福の一刻(ひととき)を耀画廊の芸術空間で

味わってみては、如何でしょうか?

 

扉のノブ(林檎 りんご のブロンズー藤曲隆哉作)にそっと手をかけ、

静かに足を踏み入れますと、耀画廊創設(2012年9月)当初から

多くの人々から愛された椅子(大沢拓也作)が、

皆様を快くお迎えいたします。

 

 ゆるやかに流れゆく とき に身を委ね、

心ゆくまで芸術作品を堪能していただけましたら、幸いと存じます。

ご来廊をお待ち申し上げます。 

 

東京九段耀画廊主 富田光明 作新学院大学 名誉教授

 

〈当画廊で展示ご希望の方へ〉
東京九段耀画廊は、快適な芸術空間を提供いたします。
作品を展示ご希望の方は、お気軽に当画廊にご相談ください。
お待ちしております。
尚、若手作家育成の制度がありますので、ご利用ください。

* * *

 

耀画廊は2015年9月 九段から三番町に移転いたしました。

画廊名は変更いたしません。

新画廊は旧画廊から徒歩5分の大妻女子大学講堂の近くです。


周辺の景観


東京近代工芸館

千鳥ヶ淵