2016年を振り返り

 今年もあと残すこと僅かとなりました。お蔭様で耀画廊は「冬物語」展を今年度最終展示とし、来る2017年を粛々と迎えることができ、感謝申し上げます。

 さてこの一年を振り返りますと、下記の3つの出来事が強く記憶に残っております。
 
1. 耀画廊移転一周年記念の祝賀会(2回に亘って)
  前半(9月3日):画廊主の畏友であり、当画廊の若手作家の助言者・赤羽カオル氏(二紀会審査委員)を中心に意見交換。
  後半(10月1日): 荒井経氏(東京藝術大学大学院准教授)の門下生を中心とし、作家(既に活躍)及び大学生達が旧交を温めた。 
2. 東京新聞(2016.11.21.)に耀画廊の記事が掲載されました「ホッとする」アート展(パトロン・プロジェクト代表菊池麻衣子 企画)を‘若手7作家の作品展示・支援と交流も’‘ホッと1枚の出会い・水彩画などで心温かく’の副タイトルで掲載されました。お蔭様で多くの美術愛好者が耀画廊を訪れて下さいました。
3. 荒井経先生(東京藝術大学院准教授 耀画廊主要取扱い作家・若手作家への助言者)が第28回倫雅美術奨励賞を受賞されました。おめでとうございます。‘倫雅美術奨励賞’は、優れた新進気鋭の美術評論家・美術史研究家に贈られる権威ある賞であり、先生のご著書「日本画と材料―近代に創られた―」が高く評価せたことであります。耀画廊にとっても誠に慶事であります。
 
   ―人去って冬至の夕日木に煙り―  (桂信子)
 
  来年も今年同様に 宜しくお願い申し上げます。 
                    耀画廊主 富田光明