星野歩

略歴    
1985年   生まれる
2010年   東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2012年   東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画卒業
現在   東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 研究生在籍

 
展示歴
  (抜選)
2007年   遊美展 (タワーホール船堀)
2008年   第七回全国公募西脇市サムホール大賞展入選
2009年   online omloop展 (私立朋優学院高等学校内T&Sギャラリー)
2010年
三人展 (東京藝術大学学生会館)
2011年

GTS観光アートプロジェクト 隅田川新名所物語2011

2011年

OISO Umimori ART 2011

2012年

三菱アートゲートプログラム入選

「東京箱庭物語」

東京の街の持つ多様性、文化、歴史、暮らし。作品の中で小さな宝物のように街は箱の中に納められています。

新しい東京のシンボルであるスカイツリーと東京タワーが並び金魚が浮遊する非日常的幻想空間。

金魚は日本的であり、幻想的であると感じます。

絵画というイリュージョンのなかでの表現の 可能性を探求しています。

技法

画材 紙・ペン・アクリル絵具

ペンで線や擦れを活かした描画をしたのち、輪郭に沿ってモチーフ以外のバックを全てアクリル絵具で均等に塗る。

モチーフの色味はすべて元の画用紙の地を残している。

色味の明暗はバックと同じ絵具を薄く溶き水彩のように調整している。